Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby

Product description

仙豆(せんず)とは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』に登場する架空の豆である。

概要
仙豆はそら豆に似た形状の豆である。カリン塔に住む猫の仙人カリンによって栽培されている(作中栽培する場面はない)。
アニメでの色は緑色。

食べる描写では「ポリポリ」「モグモグ」という擬音が使われている。
作中で初めて食べたのは孫悟空。
味についてはヤジロベーが「うまくない」と言っている。

1年間に収穫される仙豆は7粒とされており、貴重なものである。
悟空が初めてカリン塔を訪れる以前は人間がカリン塔を訪れることは極めてまれであったため、仙豆は大量に蓄えられていた。

1粒の栄養価が極めて高く、1粒食べれば軽く10日は飢えを凌げる。
また作中では、一度に大量に摂取したヤジロベーの腹が膨れて動けなくなる描写も見られた。
半分に割って使用した場面もある。

第25回天下一武道会では、あまり栽培されていないらしく悟空が取りに行ったところ3粒しかなかった。

2007年3月にバンプレストからアミューズメント景品として「仙豆風枝豆」が実際に作られた。
一部ネットでも販売されたが即日完売となった。
また、7月には人気の高さから仙豆が30%増えた増量Verとして再発売された。

回復作用
仙豆の特徴は、その非常に高い回復作用である。ただし、病気は治せず外科的な負傷のみである。

作中では、第23回天下一武道会でのマジュニアとの戦いや、ベジータとの戦いで重傷を負った悟空を一瞬にして全快させるなど、過酷な戦闘を繰り返す戦士たちを幾度となく助けた。
傷だけでなく骨折にも効果があり、首の骨を折られた孫悟飯も瞬く間に完治した。
ビーデルに使った時は折れた歯も再生した。
ただしヤムチャや天津飯のように古傷を持つ者は、その傷跡までは回復しない。

作中にて
本来は、カリン自身の食用として栽培されていたが、以降は孫悟空たちに与えられる回復薬として重宝されることとなった。
特にサイヤ人来襲以降の激戦において、仙豆は稀少な存在となる。

作中に仙豆が初めて登場した際には、その回復作用には言及されておらず、空腹を満たす不思議な豆といった程度の存在だった。
回復作用の登場は、ピッコロ大魔王編からである。

若返る前のピッコロ大魔王との闘いで傷ついた時には使用していたが、超神水を飲んで再びピッコロ大魔王と闘い傷ついた際には仙豆は使われず、カリンが作った薬草で一晩掛けて傷を治す描写がある。

悟空がナメック星へ向かう宇宙船の中、故意にギリギリの瀕死状態まで自らを追い込み、後に仙豆で回復して修行を継続するといった修行法を行っていた。
サイヤ人には「瀕死の状態から回復するとパワーアップする」という特徴があり、この時点では孫悟空はその特性を知らなかったが、結果として短時間のうちに強力なパワーアップを成し遂げている。

ゲームでは体力や気を回復するアイテムカードとして用いられ、『烈戦人造人間』では仙豆の苗をボタン連打で育てて出来た数だけ貰えるミニゲームもある。

仙豆を知らない一般人からは得体の知れないものとされていた。

Other items you may like

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel