Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
View More 高橋孫左衛門商店

Product description

翁飴(おきなあめ)は、上越地方で江戸時代から作られ続けているお菓子。
新潟県上越市にある、寛永2年(1625年)創業の高橋孫左衛門商店が製造・販売しています。

翁飴は、粟(あわ)を原料にしてつくる粟飴から発展した飴菓子の一種。
粟飴は古くから疲労回復や咳止めに効く療法食として、庶民の間で食べられてきました。
また、日持ちのよさと食べやすい食感から、参勤交代の土産としても使われていた歴史があります。

この原料を餅米に変え、日本ではじめて翁飴を製造したのが、初代の高橋孫左衛門氏です。
現在では上越地方の複数のお店でつくられているほか、山口県柳井市や秋田県能代市にも同じ名前のお菓子が存在します。

高橋孫左衛門商店 翁飴を食べてみて

江戸のひとびとの様子を描いたパッケージが、歴史を感じさせますね。
封をひらくと、飴という名前から想像していたものとは異なる形状のお菓子が姿を現します。

ひとつひとつ「翁飴」と記されたお菓子は、4cm程度の正方形。
お菓子のまわりには粉がまぶされているため、手にくっつくこともありません。

食感は”ぐにゅっ”とグミのような重ための弾力があります。
中は透明で、ごく控えめな甘さが口のなかに広がります。

シンプルな材料と味で、奇抜さこそありませんが、1つ、また1つとつい手がのびてしまう味わい。
400年近く愛されてきた理由は、その素朴さにあるのかもしれませんね。

Other items you may like

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel