Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
View More Highland Designs

Down Bag [4th Edition]

Product description

SPECIFICATIONS
重量 555g ±5% (Regularサイズ/実測値)
*湿気による誤差考慮
ダウン 810FP グースダウン (最低保証値)
超撥水 UDD 加工
封入量 260g
生地とカラー 本体:表地 コバルトブルー、裏地 ブラック
   15D シレ加工 マイクロリップストップナイロン
パイピング:レッド
      15D シレ加工 マイクロリップストップナイロン
ステッチ:レッド
構造 ボックスキルト構造
コンティニュアスバッフル
左右自由(基本は右ジッパー)
L字状フルジップ
ドラフトチューブ
想定適応温度 適温/0~10℃(3シーズン)
*下着着用として

限界/−6℃
*衣服着用として
サイズ レギュラーサイズ仕様
全長:180cm
首幅:57cm
最大幅:75cm
フットボックス底面:幅28cm*高さ31cm
ロフト高:8cm

¥40,000 + tax

シンプルな見た目からは想像できないほどの汎用性。軽さと保温力のバランスをとった軽量寝袋としてだけでなく、キルトスタイルとしても抜群の使いやすさを誇ります。足先までL字状に開くジッパーのおかげで完全にオープンした布団としても使え、夏場なら男女ペアや子供と二人で使うこともできます。そしてそのL字ジッパーのおかげで、ハンモック全体を覆うように被せることもできます。しかし、こういった見た目の機能はダウンバッグの魅力の一端を示すものでしかありません。軽く暖かいダウンバッグの理由はコンテュニアス構造を逆手にとったダウン移動。これにより気温に合わせて単体で保温力の調整が可能なのです。非常にギミック的ではありますが、構造がいたって簡単だからこそ可能になった機能ともいえます。
「シンプルこそウルトラライトハイキング。しかし、極端な軽量化とシンプルとは異なる」
「ウルトラライトハイキングはロングディスタンスハイカーたちの実践と経験から生まれた」
というHiker's Depotの思いを表しているのです。

はたして偶然なのか!?狙いなのか!?

とはいえこれがまぎれもなくHiker's Depot最初のオリジナル製品にて、Hiker's Depotでベストセラーのスリーピングバッグであることは揺るぎない事実です。もちろん誰にでも合うものでないのはわかっています。僕らにとっては最良だとしても、他者にとっては最良ではないのは必然です。しかし、多くのハイカーたちのフィードバックを得ることで進化していくのもダウンバッグの特徴となっています。

4度目のアップデート!!表裏ともに15Dの生地に変更。
555gという軽さに加え、膨らみが出やすくなりました。
2009年ハイカーズデポのオリジナルスリーピングバッグとして登場したダウンバッグは、キルトの良さとハーフバッグの良さを兼ね備えたものとして生まれました。2010年以降、毎年のようにPCTに向かうスルーハイカーにも使用され続けています。2013年には超撥水ダウン『Ultra Dry Down』に変更。2016年には新たなパターンへと変更し、当スタッフ二宮勇太郎によるGreat Divide Mountain Bike Route のバイクパッキング時にはハンモックを包む方法で数ヶ月に渡る期間で使用されています。

最低気温 0℃から最高気温 25℃(夜間、睡眠時の外気温)、砂漠から雪山へという、季節を超えた幅広い気温に対応する可能性の高さ実証しました。また国内外において実績を重ね、数多くのハイカーに愛されるスリーピングバッグとして成長しています。

生地カラーをロイヤルブルーからコバルトブルーに変更しました。旧カラーは赤みが強く紫がかった「ロイヤルブルー」でした。いくつかのアップデートの中でも生地やカラーは変更してきませんでした。理由としてはその柔らかい「シルファイン加工」されたナイロン生地もダウンバッグの魅力の一つだったからです。しかし今まで通りの生地の用意が難しくなったことから、15デニールの今までより軽いナイロン生地に変更しました。今回の生地変更で約20gほどの軽量化(*個体差、誤差あり)となり、重量は555g(実測値)となりました。ごくわずかに感じられますが、それでも3%の軽量化です。無駄が少ないダウンバッグでこれだけの軽量化をアップデートすることは非常に難しいことなのです。

デザインと仕様について
ウルトラライトハイキングにおいて通常のスリーピングバッグも使用されていますが、フードがなく背中の開いた『Quilt キルト』や日本でも半シュラの名前で呼ばれているフード無しの『Half Bag ハーフバッグ』などがULの特徴的なものスタイルとしてアメリカの書籍等では紹介されています。

この方法は3シーズンにおいてはとても効率的に軽量化と保温を行える方法だと思います。体重によりロフトが失われる背面側を思いきって省いたキル ト。この掛け布団スタイルは軽量化とダウンを効率的に保温に活かすという点では最も優れたスタイルかもしれません。アメリカにおけるULハイキングに限定 せずとも、こうしたスタイルは日本やイギリスなどのスリーピングバッグメーカーが既に提唱していた例があります(注 アメリカならWestern Mountaineering、Nunatak、Golite、Bigagnes、日本ではNANGA、イギリスではRabが背面の保温材を省略したス リーピングバッグを発売したことがあります)。また、夏は暑くて不要なフードを外したハーフバッグ。ニット帽子など行動中や起床中にも使うものを就寝時に 積極的に使うことで補う方法で荷物の軽減を促しています。
しかし、いくらメリットがあるといっても、多くのハイカーにとっては “寒気が入り込むのでは?”という不安からか、まだまだ受け入れづらいスタイルであることも事実です。そこでキルトでなくともダウンを効率的に活用できる軽量スリーシーズンモデルを考えました。

ULらしい「フードレス」デザイン
首、胸、足の幅は57cm、75cm、28cm。グラマラスなシェイプ

横方向にダウンの移動が可能な作りにあえてしてある

スリーシーズン使用をベースに考えているため思いきってフードは省略。春の残雪期や晩秋の山ならばニットキャプやフード付ダウンジャケットを併用することで対応ができると思います。いわゆるハーフバッグ形状ですが、スリーピングバッグ内で手を動かして作業しやすいように胸まわりはキモチ余裕を持たせ、足については効果的な保温ができるようにきつくない範囲でなるべく細くさせました。 かなりメリハリあるシェイプにデザインしています。かつてのMountain Equipment(イギリス)やPHD(イギリス)、現在ならNunatak(アメリカ)などのシェイプに近いと思います。



「コンティニュアスバッフル構造」を利用したダウン活用&保温力アップ
フルジップ全開の状態。ボックスは横一列に接続構造

横方向にダウンの移動が可能な作りにあえてしてある

上面にダウンを集中させ、ロフトを効率的にかせぐキルト。これと同じような効果を得るためにスリーピングバッグのバッフルを上面、下面とも連続してつなげるコンティニュアスバッフルを採用しています。

ジッパーを全開にしてスリーピングバッグを一枚のシートのようにしたら片一方(できればタグを下に、タグ側にダウンが集まるように)を持ち上げ振ることで、もう片一方にほとんどのダウンを集めることができます。これにより寒さを感じるような時期にはダウンを上面側に集約して保温力アップを 計ることが可能になります。またキルトと異なり下面も連続しているため、めくれて寒気が入り込む暖気が抜けるという心配も少なくなります(注 上面に ダウンを集めて使用した場合は下面はペラペラになりますので、スリーピングバッグごと寝返りをうてば寒くはなります)。

コールドスポットを無くし、ダウンのロフトをしっかりだせるように「ボックスキルト構造」を採用。ボックスの隔壁の高さも一般的にダウン量260gのスリーピングバッグよりも高めに設定してあります。(*ダウンの膨らみを出すためと、ダウン追加にも対応するため)

Other items you may like

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel