Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby

デザインが日本を変える 日本人の美意識を取り戻す (光文社新書)

Product description

なぜ地方の小さな自動車会社マツダは、世界一になれたのか?
危機脱出の立役者が体現するこれからのメーカーの在り方

「安くて高性能」では新興国にやられる。生き残るにはブランドを“一つ上"へ
• 「個性」と「普遍性」の同時追求
• 「日本人の美意識」に立ち返る
• 「職人」への敬意と地位向上
• 「生命感」の表現と「人馬一体」設計
• 「言葉」があって形は実現する
• 「抑制」から生まれる緊張感

2009年、経営危機に陥り、米企業傘下からも外れた小さな自動車会社では、デザイン部門のトップに久しぶりに日本人が就任。期待と不安の中、リーダーは全車種のデザインプロセスを一新。容赦なき改革は激しい反発を受けるも奏功し、新ラインナップは欧州を中心にグローバル市場で人気を獲得。ついに'16年、スポーツカー「ロードスター」は世界で最も優れた車に贈られるワールド・カー・オブ・ザ・イヤーと同賞のデザイン部門のダブル受賞という史上初の栄誉に浴す。いまやマツダのモノづくりの根底にある「魂動」というコンセプトは、海外メディアからも〝KODO〟と呼ばれるほどの地位を確立しつつある。 日本メーカーが苦境に立つ現在、一地方の企業が世界で光を放てるのはなぜか。「日本人の美意識への原点回帰」を掲げ、これからの製造業の在り方を体現するリーダーの哲学がここにベールを脱ぐ。

【目次】
第1章 魂動デザイン、前夜
第2章 言葉論<哲学を共有する>
第3章 ブランド論<企業価値とは何か>
第4章 組織論<感動ほど人を動かすプロモーターはない>
第5章 ものづくり論<今こそ原点に帰るとき>
第6章 情熱、執念、愚直
<特別対談>前田育男×谷尻誠(サポーズデザインオフィス)~未来はすべて過去の中に

前田育男(まえだいくお)
1959年、広島県生まれ。京都工芸繊維大学卒業。1982年、東洋工業(現マツダ)入社。横浜、カリフォルニアのデザインスタジオにて先行デザイン開発を経て、本社デザインスタジオで量産デザイン開発に従事。チーフデザイナーとして、同社が世界で唯一実用化に成功したロータリーエンジン搭載の「RX‐8」や、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した3代目「デミオ」を手がける。2009年4月、デザイン本部長就任。マツダブランドの全体を貫くデザインコンセプト「魂動」を立ち上げ、車だけでなく、販売店の一新やモーターショー会場の監修などを行う。'16年より常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当。

Other items you may like

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel