Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
View More 魔夜峰央

翔んで埼玉

Product description

「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」 ここぞとばかりに埼玉県を否定しまくる伝説の漫画「翔んで埼玉」が復刊
そして茨城も巻き込まれる。


 「パタリロ」でおなじみの魔夜峰央先生が埼玉在住だった1980年代ごろに執筆したという自虐ギャクテイストの当作品。舞台は埼玉県民が徹底的に迫害される都市、東京。都内の名門校に転校してきた容姿端麗でスポーツ万能の秀才である主人公(美少年)ですが、実は埼玉県の所沢生まれだった……。

 「埼玉県民にはそこらへんの草を食わせておけ!」「生まれも育ちも埼玉だなんて おお、おぞましい」「埼玉から東京に行くには通行手形がいる」「一生に一度は三越に行くのが埼玉県民の夢」「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」「いたぞ、あいつだ! 埼玉狩りだー!」など、怒濤(どとう)の埼玉ディスが繰り広げられます。



 その上、さりげなく「茨城!? 茨城というと埼玉のさらに奥地にあるといわれるあの日本の僻地!?」と茨城も巻きまれ事故に。あの圏内に一体なんのうらみが……。埼玉に住んでいた頃の魔夜峰央先生の実体験、一体なにがあったんですか……。

 しかしながら、これらのセリフが魔夜峰央先生の作風で展開されるからこそ、独特の空気感と間が生まれ、「残酷」を通り越して「笑い」が完成しているのです。「あなたが埼玉県民でもいい! あなたについて行きたい!」「所沢へ?」「ビクッ」の流れがやっぱり秀逸すぎる。ヒドイ。読みたい。

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel