Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby

リキッドコーヒー

Product description

熟成により引き出される、コーヒーの旨み
ここ数年、高い評価を得るコーヒー店が続々と開店している北海道・札幌市。
北海道のコーヒー業界の中で古くから名を知られているのが、
札幌を本拠地とする宮越3兄弟。円山の本店を筆頭に店舗展開し、
全国でもその存在を知られる宮越屋珈琲のオーナーである三男・宮越陽一氏。
札幌を代表するコーヒー店とも言われる
「cafe Noel(カフェ・ノエル)」のオーナーである次男・宮越精一氏。
そして札幌に“オールド・ビーンズ”という豆を3年間熟成させるスタイルを
札幌のコーヒー界に持ち込んだ長男・宮越惣一氏がオーナーをつとめるのが、
同じく札幌の名店とうたわれる「Cafe de Nord(カフェ・ド・ノール)」。

コーヒーの渋みの原因となる生豆(グリーン・コーヒー)に含まれる
タンニンを抜くために、風通しが良く空気の乾燥した環境で
生豆を“寝かせる=熟成”させるエージング。
このエージングにより生豆の渋みが消えて旨みが増し、
コクと甘みのあるコーヒーへと変化します。
“オールド・ビーンズ”とはエージングによって熟成されたコーヒー豆の総称で、
宮越氏が豆選びから焙煎までの全てを手掛けているカフェ・ド・ノールでは、
深焼きしたオールドビーンズでいれられたコーヒーを味わうことができます。

焙煎や抽出だけでも、実にさまざまな方法があるコーヒー。
オールド・ビーンズにも興味があるけれど、
なかなか“コーヒー道”への最初の一歩を踏み出せないという方、
そして“コーヒーなんてどれも同じ”と思われている方にこそ、
一度味わっていただきたい宮越氏のコーヒー。
世界が広がるきっかけとなる味わいが、きっとそこにあります。
北海道のコーヒー通たちに、その名を知られる「カフェ・ド・ノール」。豆選びから焙煎、ブレンド、丁寧な淹れ方まで、宮越惣一さんの職人仕事が濃縮した一杯が魅力のカフェです。その宮越さんがいれたコーヒーを自宅でも味わえる「リキッドコーヒー」は、3年間生豆を寝かせて渋みを抜いて熟成させた8種類の豆をあわせたストロングブレンドのコーヒー。日本の名水百選に選ばれた北海道京極町、羊蹄山の麓から溢れ出る名水が使われており、コーヒー豆の甘みを引き出すのに一役買っています。そのままストレートで味わうのはもちろん、レンジで温めたりミルクを加えてもその芳醇さを楽しめる、力強い味わいが魅力のコーヒーです。

Other items you may like

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel