Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
View More いわて蔵ビール

赤蔵、金蔵、黒蔵

Product description

由緒ある蔵元による、喜びをもたらす酒造り
江戸時代から続く、岩手県一関市の由緒ある蔵元「世嬉の一酒造」。
古くから北上山地・奥羽山脈より湧き出る豊かな水と稲作に恵まれた一関地方で、
“芸術的なお酒より、しっかりした職人芸のお酒を”をモットーに酒造りだけでなく、
生体エネルギー理論に基づいた水づくり・米づくりまでも行っている蔵元です。
その世嬉の一酒造が1995年に地元企業5社で立ち上げた協同組合「いわて蔵ビール」。
長い歴史のなかで培われてきた酒造りの技と、
醸造士の新たな知識と技術がつくり出すビールは国内外でも評価を得ており、
98年には地ビールの本場ヨーロッパで開催されたコンクールで、
日本のビールとして初めての金賞を受賞するという快挙も成し遂げています。

ビールの主原料であるモルトとホップの大部分が輸入品に頼らざるを得ないなか、
地元産にこだわって農家・農協と契約してビール用麦の栽培、
麦芽の加工を行っているいわて蔵ビール。
主原料以外でも、岩手県一関市原産のブルーベリーや岩手県衣川村産の大麦など、
地元特産品を使用したビール(発泡酒)もつくっており、
厳選された素材と「安全・健康・地産地消」へのこだわりを守り続けています。

また、かつて酒造りをしていた大正から昭和初期に建てられた蔵を改装し、
地ビールの醸造や郷土料理を味わえる「蔵元レストラン 世嬉の一」を営業。
酒の民族文化博物館、島崎藤村や井上ひさしなど、
蔵にゆかりのある12名の作家に関する文学館も併設された酒蔵群は、
1999年に文化庁の登録有形文化財に登録されており、
地域文化の受発信の場にもなっています。
大正時代に“髭の宮さま”として知られた閑院宮載仁親王殿下に
「世の人々が喜ぶ一番の酒をつくりなさい」と命名された社名を持つ世嬉の一酒造。
江戸時代から受け継がれた匠の技でつくられるお酒は、
今日もさまざまな人へおいしさと喜びを届けています。

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel