Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
View More Dr.FRANKEN

Husserl T-shirt #yellow

Product description

■Product Details.
[Category ; Original Line - Standard&Signecher / T-002]

[Fabric ; cotton100% Original Body]

□哲学者で博士である苫野一徳氏セレクションの「フッサールTee」。サルトルが実験をしたとされる現象学の実験をモチーフとしたデザイン。(サルトルの実験 ; ある部屋に水の入ったコップを置いておき、部屋に入った人に何がおいてあったか尋ねると、「水がある」「飲みかけの水がある」「コップがある」など、回答が異なったという。そこで人々に「コップに入った水があったか?」と問うと皆頷いた。共通して認識出来るポイントは在るという結果が証明された実験)

□苫野一徳〔1980年2月28日生まれ 博士(教育学)〕
日本学術進行会特別研究員、早稲田大学非常勤講師。専攻は哲学、教育学。多様で異質な人たちがどうすれば互いに理解し承認しあう事が出来るか、探求している。

□エトムント・グスタフ・アルプレヒト・フッサール〔1859年4月8日生まれ 哲学者、数学者〕
今、目の前のパソコンが、本当に目に見える様に存在をしているかどうか、絶対的な保障はない。私とあなたの見ているものが絶対的に同じ物として見えているかどうか、結局の所、絶対的には判らない。しかし、私が今、何かを確かに見ている、何かを確かに感じている、その事だけは疑えない。その事をフッサールは「純粋名証」とか「自己所与性」とか言う。では、この疑えない純粋名証において、一切がどの様に立ち表れているのか、その「相関関係」を分析しよう。それが現象学だ。見えている何かは疑える、しかしそれがどの様に見えているか、その確信構造なら分析出来る。こうしてフッサールは、主観と客観をいかにいっちするかという問題を終らせ、絶対客観なるものは無く、一切は確信である、では、その確信はどの様な構造をもって立ち表れているか、これを問おう、と新たな課題を提起した。

※画像は170cm55kgでSサイズを着用しています。

■Size Spec. [ メンズ ]
【S】身幅:47cm 着丈:65cm 肩幅:40cm
【M】身幅:49cm 着丈:67cm 肩幅:42cm

Folders including this item

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel