Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
View More 塔の上のラプンツェル

Product description

フリン・ライダー(Flynn Rider)
数々のトラブルを切り抜けてきた、自信家でナルシストの美青年。指名手配もされている王国で一番の泥棒。スタビントン兄弟と組んで王女のティアラを盗んだ罪で衛兵に追われる中、身を隠そうと侵入した塔でラプンツェルと出会う。解放の条件として彼女を灯りが現れる場所まで連れて行くことになる。世間知らずのラプンツェルには振り回されるばかりだが、彼女のひたむきさに触れるうちに自分を見つめ直し、誰にも話したことのない孤独な過去をラプンツェルに打ち明けていく。
フリンという名前は、子供の頃読んだ物語の主人公に肖ってつけた偽名であり、本名はユージーン・フィッツハーバート(Eugene Fitzherbert)。この名前をラプンツェルは気に入り、以後フリンの呼称としている。
ラプンツェルと共に灯りを見た後、スタンビントン兄弟にティアラを渡すために兄弟のもとに向かうが、ゴーテルの策略で衛兵につかまってしまう。
酒場で出会った荒くれ者たちに助けられて、何とかマキシマスとともに塔へとたどり着くが、そこでゴーテルにナイフで刺され、ラプンツェルが自分の自由と引き換えに、彼を助けようとして近づいた際、ラプンツェルの髪を鏡の破片で切り、息絶える。
その後、ラプンツェルが流した涙により、息を吹き返す。そして、ラプンツェルを本来の家族である王と王妃のもとに送り届けた。
その後は、名前を本名に戻し、泥棒稼業から足を洗って、ラプンツェルと結婚した。

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel