Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
View More After Tonight

The Canary In The Birdcage

Product description

解散を発表したAfter Tonightのラストアルバム。

Pop Punkというジャンルに分類されがちだが前作The Lenses時に匂わせていたエモーショナルな部分が前面に推し出されている。いわゆる初期エモにルーツを持つクリーントーン、クランチサウンドのアルペジオが曲の随所に散りばめられ、エモの匂いも感じられる。ポップパンクとエモ、メロディーのキャッチャーさをここまで確立できる日本のバンドは彼らだけだろう。日本の現在のPop PunkシーンはAfter Tonight,Ice Grillsに引っ張られてきたと言っても過言ではない。EPのメロディックパンクな部分を削ぎ落としても失われないPop Punkサウンドが突き刺さる。アコースティックな部分やピアノを、芯を失わずにサウンドに取り入れ、曲毎に様々な顔を見せてくれる。歌詞カードをずっと見ながらアルバムの頭から終わりまで引き込まれるように聴いた作品を聴いたのは何年ぶりだっただろう。ライブを観ればわかると思うが、彼らはライブキッズだけでなく耳の肥えたバンドマンに絶大な指示を得ていた。ライブ中にあれだけのバンドマンがKenのマイクを奪い、ピットを形成し、シンガロングを巻き起こす光景は圧巻だった。ライブを観たことのあるひとはわかると思うが、彼らには付け焼き刃のカッコよさではなく真の意味のカッコよさがあった。ライブを観たことのある人は理解できると思う。
是非、歌詞を読んで欲しい。できれば日本語訳は見ずに、英詞で自分なりに理解して解釈して消化して欲しい。
ここまでの作品を日本で残した彼らはこのアルバムの発売前に解散を発表した。非常に残念だが最高のアルバムを作ってくれた彼らには感謝の気持ちしかない。

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel