Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
View More Yves Behar

Product description

http://vimeo.com/97291773
First the connected home; now the connected garden: designer Yves Behar and entrepreneur Jason Aramburu have created products that monitor soil conditions and automatically water plants when they get thirsty (+ movie).
Designed for use in a domestic garden or a small farm, Yves Behar's Edyn system uses two components to gather data about climate and soil conditions then irrigate the soil when necessary.
The components connect via WiFi and communicate with each other to regulate and optimise the self-watering process. They also pair with a smartphone app that allows the user to monitor their garden remotely.
Edyn is a smart garden system founded by soil scientist Jason Aramburu and designed by Behar's studio Fuseproject.
The Edyn Garden Sensor tracks light, humidity, temperature, soil nutrition and moisture conditions.
It tests the soil by sending out an electrical signal then measuring how it is altered or affected by water and soil additives, like fertiliser, lime or compost.
"We cross-reference this information with our database and the other members of the Edyn community," said a statement from Behar. "We've calibrated Edyn's instruments to be sensitive enough to detect even minor changes in the soil's electrical properties that are associated with shifts in moisture, acidity and fertility."
A separate water valve uses the data collected by the sensor to control the watering system.

As it adapts to changes in the weather forecast, the system prevents drowning the plants when it rains to save water and keep the flora healthy.
All the data can be viewed in real time via an app, which can send alerts when the ground is too dry and offer suggestions to maximise plant health.
The app can recommend what species of plants would be suitable for the type of soil in a plot and amount of light the area receives.

Both components have yellow plastic casing and feature a square photovoltaic panel to charge a lithium polymer battery.
The sensor sticks into the ground using a metal spike, while the valve lies on the soil and connects to a pipe from the water source on one side and the distribution hoses on the other.

Edyn launched on Kickstarter earlier today and is part of a wider move towards internet-connected electronic devices in the home.


スマートなガーデン用システム「Edyn」が現在、Kickstarterで資金を募集している。家庭菜園の効率化からはじまり、いずれ、食物生産の「データベース化」を目指すプロダクトだ。
庭とのインタラクティヴな仕組み

家庭菜園者のための指南書や情報サイトは数多く存在するが、Edynはユーザー個人の庭の状況に合わせて、最適なケアの方法を提示してくれる。

土に刺して使うEdynの土壌センサーは、土壌の温度や湿度、栄養状態、光量といったデータを取得する。集められたデータはWi-Fiでスマートフォンに送られ、ユーザーはアプリ上で、土壌に合った肥料や植物などの情報を得ることがでいる。

また、付属の水バルブは、センサーが土壌の湿度が一定以上低くなったと感知したときに自動的に起動し、水やりができるようなっている。ユーザーは、日々変化する庭の状態を正確に理解し、庭の状態に合わせたケアをすることができる。まさに庭とのインタラクティヴな関係を長期的に構築することを可能にするシステムなのだ。
Internet of Things

あらゆるものがネットに接続される傾向が加速する中、Edynもまた、スマートホームならぬスマートガーデンの実現を目指している。Edynのファウンダー、ジェイソン・アランブルは、最終的なビジョンについて「どのような気候条件で、どういった植物が上手く成長するかという点について、膨大なデータベースを築くこと」とWIRED US誌に話す。

こうしたデータベースが徐々に構築された先には、どのような未来が待っているのだろう。たとえば、ユーザーは近隣のユーザーのデータを元に、自分の庭でどのような植物が上手く成長可能かを予測することができる。こうした、ローカルなデータの活用が進めば、地域の農作物の生産が盛り上がり、延いては食料供給をめぐる問題も改善する可能性を秘めている。

アランブルは言う。「世界の食料供給事情は、非常に悪い状態が続いており、その深刻さは増すばかりです。ですが、このツールによって、世界中で農業が可能になり、人々が自分の作物を育てられるようになって、食料供給の保証が増すことを期待しています」

Other items you may like

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel