Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
View More Porsche

911 CarreraS (991)

Product description

2011年8月23日、新型911カレラおよび911カレラSが正式発表され、翌9月のフランクフルトモーターショーで世界デビューを飾った。同年11月10日より日本での受注開始。2012年8月27日にカレラ4およびカレラ4Sの日本での受注を開始した。2013年5月3日にターボモデルである911ターボが発表され、日本では5月14日から受付を開始した。

最大の特徴は車体への軽量金属の大幅な導入であり[1]、これによって997型と比較して剛性を高めつつ、60kgの軽量化が図られた[1]。軽量金属は主にアルミ合金が使用され[1]、ドア・フロントからボンネットの外装など広範囲に用いられ[1]、スチール・アルミハイブリッドシャシーと呼ばれた[1]。またセンタートンネル近辺にはマグネシウム合金も使用された[1]。997型と比較してAピラーは寝かされ、ヘッドライド間の距離も長くなり、ホイールベース・全長も延長され、全体的に997型と比較してワイド&ローの印象が強くなったが[1]、全高はほとんど変化していない。ホイールベースの延長は主にレース活動サイドからの要求で[1]、フロントのトレッド幅の拡大も同じ理由による[1]。空気抵抗係数は997型と変わらず0.29である[2]。最大幅は1,810mmで997型と同一である[2]。外装部品に関しては996型・997型で不評だった、ボクスターとの共通部品の使用はなくなった。ただし従来どおり車両内部の部品については、シャシーやエンジン、サスペンションアームなど多くの部品をボクスターと共有している。

エンジンの搭載位置は変わっていないが[1]、ホイールベースの延長に伴い後輪の位置が変わりドライブシャフトとミッションの角度がより好ましい角度に修正されている[1]。ホイールは911カレラで19インチ、911カレラSでは20インチが標準装着された[2]。911カレラSでは従来どおりPSM,PASMが標準装備された(911カレラは標準ではPSMのみ)。またアクティブスタビライザー(PDCC)やトルクベクタリング(PTV)、ダイナミックエンジンマウント(997ターボには搭載済み)などの機能がオプションとして新たに用意された[2]。PASM(可変減衰力ダンパー)も4つの車高センサーが追加され制御精度が向上した[2]。リヤエンジンフードを開けてもエンジン本体は目視できず、オイル交換や冷却水追加などのメンテナンス用の開口部となった[2]。可動性リヤウイングは面積が拡大され、立ち上げ高さも増え、より効果的に作用するようになり、スポイラー自体も20%軽量化されている[2]。乗り味としては997と比較してさらにリヤの安定性が増し[1]、もはやRRを意識させられない印象で、996-997とは完全に異なった乗り味になっている[1]。このため911らしくないという声も自動車評論家から聞かれた[1]が、特にホイールベースの延長によってピッチングが抑制され、より上質な乗り心地となった[2]、直進性や高速コーナーの安定性が増した[2]とされた。

内装はセンターコンソールの両側にスイッチ類が並べられるパナメーラに準じている。中央タコメーター右側にはVGAディスプレイが用意され、左右前後方向のGなど様々な情報が表示される[2]。997と比較してホイルベースが延長されたが[1]、室内の居住空間は997同等で広くなっていない[1]が、レッグスペースは6mmとわずかに拡大している[2]。室内高は997型と不変。唯一後部座席背面の荷物収納スペースが明らかに広くなった[2]。フロントのトランク容量は997と比較して減少した[1]。運転席のべダル類はアームの断面積を拡大して剛性を向上させている[1]。エアコンは左右独立温度調整システムとなった。また日本仕様には全車にクラリオン製オーディオ統合型カーナビが搭載され、オプションでボーズ製サウンドシステムに変更することも可能。911としては初の電動可倒式サイドミラーもオプション設定された。サンルーフはアウタースライド式となり従来式と比較すると室内スペースの犠牲が少なくなった。サンルーフの状態に対応してリヤスポイラーの角度と高さは自動的に最適位置に制御される[2]。

2013年6月4日、1963年の初代911から50周年を迎えたことから、911 50thアニバーサリーエディションを発表した。生産台数は1963年にちなみ1963台生産される。911カレラSをベースとし、リアには50thアニバーサリーのエンブレムが装着される。

2014年1月14日、ポルシェAGは911タルガ4、911タルガ4Sを発表した。996型は、初代901型、930型、964型に採用されていたクラシカルなタルガをモチーフにしている[3]。993型、996型、997型のタルガモデルはリアウインドウと内部で重なるかたちでルーフが格納される仕組みだったが、991型はリアウインドウがせり上がり、布製ルーフが折りたたまれて格納される仕組みである。

Other items you may like

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel