Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
View More 片山令子,片山健

もりのてがみ

Product description

もりのてがみ (こどものとも傑作集) (大型本)に戻る
この商品について
内容紹介
寒い寒い冬の日、風の日、雪の日、外で遊べないとき、ひろこさんは、ともだちに手紙を書きます。暖かい日にいっしょに遊んだ森の友だちに。りす、とかげ、こと り、のうさぎ、もみのきに。カラーペンとクレヨンを握りしめ、一字一字、ことばを考えて、書き、楽しい絵をそえてできた5通の絵手紙。ひろこさんは書き終えると、一通ずつ、森のもみの木につるしに行きます。もみの木は雪をかぶりクリスマスの飾りのようにひろこさんの手紙をつるしてたっていました。 風の強い日、手紙がみんななくなっていてがっかりしていると、何日かたってみんなから返事が届きます。りすからはくるみ、とかげからは石、のうさぎからは木の実、ことりたちからは木の実。スミレが咲いて春が来たよというお知らせの手紙でした。 ひろこさんが、森のもみの木のところに走っていくと、そこに森のともだちがみんな集まっていました。 ことばも絵も愛らしいてがみが5通入った、ことばをいつくしみ、おもいを伝える喜びに溢れた絵本です。

内容(「MARC」データベースより)
寒い冬の日、ひろこさんは森のともだちに手紙をかきました。いっしょにくるみを拾ったリスさんや、しっぽのとれてしまったとかげさん、歌をおしえてくれた小鳥さん…。春になったら、もみの木のしたであえるでしょうか?

著者について
片山令子(かたやま れいこ)1949年群馬県に生まれる。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科卒業。著書に詩集『夏のかんむり』(村松書館)『たのしいふゆごもり』(福音館書店)「のうさぎのおはなしえほん」シリーズ(ビリケン出版)「こどものとも」に『おとうさんをまって』(1991年12月号)『ゆきのひのアイスクリーム』(1996年1月号)「年少版こどものとも」に『かぼちゃばたけ』(1991年7月号)(以上、福音館書店)がある。片山健(かたやま けん)1940年東京都に生まれる。1968年に「こどものとも」(7月号)で『ゆうちゃんのみきさーしゃ』1969年に「こどものとも年中向き」(11月号)で『もりのおばけ』を描いた後、10年以上絵本制作から離れ、幻想的な鉛筆画を描き続けた。自身の子どもの誕生後、油彩、水彩に取り組み、絵本制作を再開する。絵本に『おなかのすくさんぽ』『おやすみなさいコッコさん』『コッコさんのともだち』『コッコさんのおみせ』『コッコさんのかかし』『コッコさんとあめふり』『むぎばたけ』『たのしいふゆごもり』『タンゲくん』『どんぐりかいぎ片山 健(かたやま けん)』(以上、福音館書店)、『もりへいったすとーぶ』『いえ』『ともだち』(以上、ビリケン出版)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
片山/令子
1949年群馬県に生まれる

片山/健
1940年東京都に生まれる。1968年に「こどものとも」(7月号)で『ゆうちゃんのみきさーしゃ』(村上祐子・文)、1969年に「こどものとも年中向き」(11月号)で『もりのおばけ』を描いた後、10年以上絵本制作から離れ、幻想的な鉛筆画を描き続けた。自身の子どもの誕生後、油彩、水彩に取り組み、絵本制作を再開する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Other items you may like

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel