Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
View More 鈴木則文

少林寺拳法

Product description

少林寺拳法
The Killing Machine

1975年 日本

監督 鈴木則文
脚本 松本功
ナレーター 納谷悟郎
出演者 千葉真一
佐藤允
中島ゆたか
誠直也
志穂美悦子
丹波哲郎
音楽 菊池俊輔
撮影 中島芳男
編集 祖田冨美夫
製作会社 東映
配給 東映

映画向けの脚色が加えられているものの、宗道臣が様々な困難に遭いながら、少林寺拳法を創り上げるまでの半生をダイナミックに描いた作品[1]。道臣に扮した千葉真一は、ほかの武道である極真カラテの黒帯を既に允許されていたが[2]、本作のために少林寺拳法を修行して撮影に臨み[3]、少林寺拳法独自の技とひねり宙返りなどアクロバティックな器械体操技を共に披露している。主な脇役としてヒロインに中島ゆたか、道臣に入門する門下生に佐藤允・誠直也・志穂美悦子、道臣を逃がす阿倍野警察署署長に丹波哲郎らが配役された。
エンディング直前に表示される「正義をともなわない力は暴力なり。力をともなわない正義は無力なり」のスーパーインポーズは、ブレーズ・パスカルの『パンセ』(-断章二九八-)からの引用である。2007年10月にDVDとして再版されたが、作品の歴史的価値を考慮して内容には全く改変は無かった。

Folders including this item

出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
Sell item on marketplace
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel