Product description

プロケッズの「ロイヤルプラス」もまた、藤原ヒロシが流行らせたとされるスニーカーのひとつである。このモデルはもともとバスケットシューズとして開発されたものであり、中学校でバスケット部に所属していた当時の藤原少年も履いていたという。「その時代はどこのブランドであれ、海外のスニーカーというだけで珍しかった。僕自身『ポパイ』で育った世代なので、特にアメリカのブランドに対する憧れは強かったです」。なお「ロイヤルプラス」と言えばコロンビア製が有名だが、1996年にはケッズのコロンビア工場が閉鎖。それ以前に生産されたモデルは“ラストコロンビア”と呼ばれ、熱狂的なファンのあいだではこのシューズを巡って激しい争奪戦が繰り広げられた。

The ROYAL PLUS from PRO-KEDS are another shoe also considered to have brought to popularity by Hiroshi. This model was originally developed as a basketball shoe. Hiroshi wore the shoes for basketball club when he was a junior high school student. “At that time, sneakers from overseas had a novelty to them regardless of the brand. My generation grew up reading “Popeye” magazine, so I had a strong yearning for American brands.” ROYAL PLUS’s produced in Colombia were especially famous, but PRO-KEDS closed their plant in Colombia in 1996. Models sold before that time are referred to as “Last Colombia”. There is strong competition among enthusiastic fans to get these shoes.”

マリン企画刊「Sneaker Tokyo vol.2 "Hiroshi Fujiwara"」より転載

Users who want this item

    Users who own this item

      出品はこちら
      ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
      Sell item on marketplace
      出品するには、パスワードを入力してください。
      send
      cancel
      出品するには、パスワードを入力してください。
      send
      cancel
      Sumally also has items as below!