Product Description:

立体視の作品集『任意の点P』、イメージとして確かに存在するが言葉で解釈できないビジュアルを集めた『イメージの読み書き』など、これまでにない新しい表現に取り組む佐藤雅彦研究室。同研究室のメンバーのうち、菅俊一と石川将也が佐藤とともに2005年から取り組んでいるのが「差分(さぶん)」という新しい表現を追究するプロジェクトです。 本書では、3人による約3年間の研究の中で生まれてきたさまざまな差分作品84点と、差分と認知科学をめぐる考察、脳科学者・茂木健一郎との対談を収録し、佐藤たちがつくり上げた新しい表現をいろいろな角度から堪能できるようになっています。

Category:
Released:
2009/03

Other items you may like

久保田 晃弘 - FORM+CODE -デザイン/アート/建築における、かたちとコード 慶応義塾大学佐藤雅彦研究室, 佐藤 雅彦, 中村至男 - 任意の点P クリストファー・ウィリアムズ - かたちの理由-自然のもの、人工のもの。何がかたちを決め、変えるのか 九鬼 周造 - 「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫) 鈴木康広 - まばたきとはばたき 佐藤 雅彦 - 考えの整頓 原 研哉 - 白 早稲田大学渡辺仁史研究室時間‐空間研究会 - 時間のデザイン: 16のキーワードで読み解く時間と空間の可視化 クリストファー・アレグザンダー (著), 稲葉 武司 (翻訳) - 形の合成に関するノート 深澤 直人, 佐藤 卓, 原 研哉 - デザインの原形
出品はこちら
ここからSumallyマーケットプレイスに出品することができます。
出品する
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel