Find great things that
you've been looking for.
All
Electronics
Men’s Fashion
Music & Movie
Women’s Fashion
Automotive
Babies’ & Kids’ Fashion
Books & Magazines
Watches
Sports & Outdoors
Beauty
Food & Beverage
Home & interiors
Others
Art & Hobby
dummy
    ふわふわしていて捉えどころがない 一体何にwantしているんだろう
    Artist/Musician http://sputniko.com
    グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。これまでの受賞件数は40,000件以上にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。 http://www.g-mark.org/
    -DESIGN YOUR LIFE STYLE- 「DESIGN YOUR LIFE STYLE」をテーマに、様々な都市をリサーチ (URBAN RESEARCH) し、カジュアルテイストをベースに世界中からデイリーウェアーやドレス、ライフスタイル雑貨までをセレクト。 フレキシブルに今の空気をモノやカルチャーに 乗せて伝える SPECIALITY SHOP。 sumally URアカウント →@urban_research
MoMA STORE
    東京表参道のデザインストア、MoMAです。 MoMA(The Museum of Modern Art)はニューヨークのマンハッタン53丁目にある、近代美術館。 デザインストアでは建築・デザイン部門がアートを選ぶ感覚で集めたアイテムを世界にご紹介しています。心に届くギフトサービスも充実しています。 http://www.momastore.jp/
    わたしたちは「Tシャツ×アート」をテーマに、個性豊かなグラフィックデザインをTシャツというキャンバスにのせて発信しています。 イラスト・ロゴ・フォト・グラフィックなどジャンルにとらわれない様々なテイストのデザインや、世界中のアーティストの作品、ミュージシャン・映画・アニメなどとのコラボレーションTシャツをリリース。 Tシャツ以外にもポロシャツ・パーカ・シャツなどシーズナブルなカジュアルアイテムを多数取り扱っています。 日本国内のみならず海外も含め約80店展開しているショップでは、たくさんの作品に囲まれ、まるでギャラリーを訪れたかのような感覚をお楽しみ頂けることでしょう。
JUNRed
    かっこいいことやお洒落なことには年齢・世代・性別を超えてボーダレス、といったバランス感覚をもち、常に「トレンド」に敏感で、自分流のスタイルを完成させる術をもった、旬な男を理想像としたブランド http://www.junred.jp/
    訪れるたびに新しい発見があって心が豊かになる「モノ」「コト」、を提案する服と雑貨のブランド。 自分らしいスタイルにほどよいトレンド感がいろどりを添え心地よい毎日を過ごしてもらいたい。 さまざまなライフスタイルにピッタリとフィットした自分らしい何かがみつかる「Be happy」をコンセプトにしたショップです。 http://www.green-label-relaxing.jp/
    時代を読み解き、高感度なトレンドを創造する一方で、日本のセレクトショップのイメージに代表されるトラッドでクラシックな面を併せ持つという、相反する両者のテイストの組み合わせが、 ナノ・ユニバースの本質をよりリアルに表現しています。 商材はオリジナル(10ブランド)と海外インポート、国内コレクションブランドのセレクトで構 成。 靴、小物の多くはイタリア、スペイン製、アクセサリー、Tシャツはアメリカ製が高い割合を占めています。 ファッションに興味とこだわりのある、学生、OL、ビジネスマンなどの「都市生活者」に向け、東京カジュアルをベースに、イギリス、フランス、イタリアなどの ヨーロッパカジュアルを織り交ぜた、 洗練されたスタイリッシュな「装い」を提案。 より多くの方々のワードローブ作りをお手伝いしたいと考えております。 http://www.nanouniverse.jp/
    スニーカー専門誌『SHOES MASTER(シューズ・マスター)』から生まれた書籍『Sneaker Tokyo(スニーカー・トーキョー)』。 その第二弾となる今回は、東京のスニーカートレンドを牽引し続けてきた「藤原ヒロシ」を一冊丸ごとフィーチャー。 1980年代の「ダンク」「エアジョーダン」「スーパースター」から、2000年代の「HTM」「visvim」「テニスクラシック」まで、藤原ヒロシが「履いた」「選んだ」「創った」スニーカー約200足を完全アーカイブ。 さらに、マーク・パーカー(NIKE CEO)、中村ヒロキ(visvim)らとの対談や、本人へのロングインタビューも収録。
    「東京下町」に位置する「上野」から世界へ向けて独自のスニーカースタイルを提案する「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」。 何十年も前に下駄や草履を売る日本古来の履物屋からスタートした「三田商店」は、現会長「三田 耕三郎(ミタコウザブロウ)」の英断で40年以上も前から本格的にスニーカーを取り扱い始め、アメ横の老舗スニーカーショップ「スニーカーの三田」として再出発を図る。地域に根ざしたショップ展開を軸に規模を拡大し、90'S空前のスニーカーブーム時の確かなセレクトと他店と一線を画した品揃えでアメ横を代表するスニーカーショップへと成長。そして現在では数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで様々なスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「mita sneakers」のクリエイティブディレクター「国井 栄之(クニイシゲユキ)」の加入後、ショップ名を現在の「mita sneakers」に改名。当時の日本市場では未知だったコラボレーションや別注をひとつずつ確実に実現。その後、国内に留まらず「mita sneakers」別注として世に送り出されたアイテム群は、世界で圧倒的な支持を受け、世界のスニーカーヘッズに認知されています。 様々なトレンドやサブカルチャーが交錯するスニーカーカルチャーに着目し、各ブランドのフィロソフィが詰め込まれたアイコンモデルを筆頭にスニーカースタイルを紐解き、コンテンポラリーな再構築と「mita sneakers」のフィルターを通したセレクトや別注モデルをアイコンに新たなスニーカースタイルの提案をしていきます。 TEL / 03-3832-8346 URL / http://www.mita-sneakers.co.jp/ 営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 第3水曜日
NIKE FREE
    NIKE FREE 走ろう。本能のままに。 ハダシに近い感覚で走ることをコンセプトに2004年の発売から10年の時を経たナイキフリー。ナチュラルモーションを最高に進化させて2014年4月、新たに登場。新開発の六角フレックスグルーブアウトソール、Flyknitアッパーがランナー本来の自然な動きを可能にする。
    漫画描いています。「純潔のマリアExhibition」とか。とてもレトロでブラウザによっては表示が崩壊するわたくしのHPにて大体の情報まとめておりますので良かったらお越しくださいませ!
    音楽欲と睡眠欲と食欲で構成されています。
    Michiharu Shimoda 武蔵野美術大学卒業後、フリーのグラフィックデザイナーとして活動を始め、同時に音楽ユニット"SILENT POETS" としてデビュー。自身のCD ジャケットデザインはもちろん、他アーティストのジャケットや音楽関係のアート・ディレクション&デザインを多数手掛ける他、書籍の装丁やDVD パッケージ、カタログ、ロゴデザインなども多数手掛ける。 また98 年アパレルブランドSOPHNET.(SOPH.) の立ち上げ当時からグラフィックデザインを担当し、同ブランドから派生した"FCRB" のロゴマークからグラフィックデザインも長期に渡り担当した。 他アパレル関連ではadidas、CONVERSE、Poetry Of Birds, 総合格闘家/宇野薫プロデュースのブランドUCS などにもアートワークを提供。 2005 年に有限会社STUDIO2 を設立。 SILENT POETS 武蔵野美術大学在学中に結成したレゲエ・バンドを経てSILENT POETS となり、 92 年FILE RECORDS より1st アルバム「6 pieces "sense at this moment"」でデビュー。 翌年、トイズ・ファクトリーより「Potential Meeting」をリリース。現在までに通算7 枚のオリジナル・アルバムと多数のリミックス・アルバムやミニ・アルバムなどをリリース。デビュー以来、独自のセンスでマイペースに音楽活動を続け、海外からの評価も高く94 年にドイツの 99 レーベル、Bellisima UK よりヨーロッパでもアルバムがリリースされる。また、95 年に人気コンピシリーズである「Cafe Del Mar Vol. DOS」に日本人として初めて収録されたのをはじめ、現在までアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなどで40 作品を超えるコンピレーション・アルバムに楽曲が収録される。2000 年にはパリのレーベル Yellow Productions よりアルバム「TO COME...」がリリースされ、翌年にはアメリカのアトランティックよりリリースされる。 同年より、下田のソロ・ユニットとなる。 活動は多方面に渡り、ISSEY MIYAKE のパリ・コレクション等、フアッションショーの音楽の担当や、他アーティストのプロデュース、リミックス、BEAMS の25 周年プロジェクト「Hotel id+」のサウンドトラックなども制作。浅野忠信初監督映画「トーリ」にも楽曲を提供。 2005 年、アルバム「SUN」がリリースされ大きな話題となる。フランスのDJ Yellow を共同プロデューサーに迎え、坂本龍一、ビヨーク等のストリングス・アレンジで知られるエバートン・ネルソンや、UK のシンガーのショーン・リーが参加。同アルバムは2006 年フランスのpoussez! よりリリース。ヨーロッパ、アメリカなど世界20 カ国以上で配信された。 2007 年、活動15 周年を記念したベスト盤 「Silent Poets Ultimet Collection "Sound Of Silence"」のVol.1、Vol.2の二枚がDVD 付きでリリースされた。 2010 年、初のコンピレイションアルバム「Travering Alone」をリリース。2011 年、イビザの伝説のDJ、ホセ・パディーヤがシンガーKirsty Keatch をフィーチャーした"Dragonflies" のリミックスを手がける。 現在、次回作へ向けて準備中である。 MINTOS 日本を代表するインストゥルメンタル・ダブバンド、LITTLE TEMPOのベーシストSEIJI BIGBIRDとSILENT POETSの下田法晴の二人からなるDJユニット。 レゲエ/DUBを中心にした自由なDJスタイルに定評があり、2000年に結成以来、様々なクラブ、パーティーに出演し、「Mintos VS Steppers」なるイベントをオーガナイズ。ここ数年は代官山AIR「ジャイルス・ピーターソン x AIR Release Party 」、adidas主催の「O by O MINTOS Release Party」、香港で行われたDEISEL主催の「CULTIVATE」、今年3月渋谷VISIONにて行われた「DUBWISE -MAD PROFESSOR meets SMITH & MIGHTY-」などに出演。 DJのみならず、グラフィックチームとしてもSOPHNET.、adidas、Beams等にデザインを提供した実績を持ち、03年に東京、京都、新潟で初のEXHIBITIONも行った。また日本科学未来館主催の「時間旅行展」に出品した
    illustrator https://instagram.com/kawamurajumpei/ http://jumpei-kawamura.tumblr.com/ http://www.jumpei-kawamura.com/
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel
出品するには、パスワードを入力してください。
send
cancel